--.--.-- (--)  --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.08.05 (月)  08:01  お粗末ながらプロのお仕事
先週平日中に、洗濯機上部棚設置完了!(7/29参照)

130805_01.jpg

設計までは、プロ(つい先日までは)のお仕事。
(素人仕事でも問題ないレベルの、小っちゃさ、且つ、お粗末さだけど)
製作作業は、夏休みの宿題工作レベル。
要するに構想から製作まで私1人の作業。流石、雑だけど素早い!(笑)

コストをかけずフレキシブルに使い勝手よくがテーマ。

棚受けにダボレールを使い、棚板間隔は変更可能!
洗濯機本体の奥行との兼ね合いから、棚板奥行は500mmくらいが適当だけれど、
コストの見合う市販の板サイズとの関係で450mm。(それでも十分なのでコスト優先)
ロールスクリーンを下ろせば見えなくなる所につき、
意匠的に棚板塗装不要だけど、湿気から守る為に水性ウレタン塗料で軽く塗装。

棚前に突っ張り棒を1本設置。
S字フックでほうき等吊り下げ、使用後雑巾は乾くまでココに。
モノの配置については、取り敢えずな感無きにしも非ず。
以前から利用していたコンテナ・バスケット等を使いつつ、
見栄え良く収納量増加も図ったので、今後使いつつ移動の可能性大。


「こんな感じで如何?」と、夏休みの宿題評価担当の息子に確認した所、
「いい感じ!」と高評価!
なんにも言わないと褒めてはくれないので、ちゃんと聞かないとね。
いくつになってもどんな事でも、褒めてもらえると嬉しいので、
無理やりにでも褒めさせちゃいます(笑)。


*******************************************
ポチッと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村ライフスタイルブログ シンプルライフへ  
にほんブログ村シンプルライフ
*******************************************


棚受け材は、ご近所HCに丁度いいのが無くてネット購入。
ダボレールの奥側2本のみ取付け後、
棚板幅をきちんと測りなおしてからHCにて棚板購入。(レール厚も要考慮)
棚板は商品を見ない事には、奥行が決まらなかったので、
手前側ダボレール2本は、棚板購入後取付け。

カナモノ オンラインにて、このあたりのモノを必要数量購入。
  


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://marpledays.blog104.fc2.com/tb.php/1022-8094120b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。