--.--.-- (--)  --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.11.30 (土)  08:52  発見!
1週間くらい前から、上顎右犬歯あたりの歯茎に激痛が走る時が時々。
知覚過敏というには、ちょっと痛みがひどいので、久々に歯科医院通い。

131130_01.jpg

息子の付き添いで通ってた頃は、ついでに私もクリーニングしてもらっていたけれど、
1人で行くようになってから足が遠のき、聞けば8年ぶりとのこと。
痛む部分は、知覚過敏、それとは別な部分に小さな虫歯がひとつ。
まずは、痛み止めを塗布し、クリーニング後、
歯茎を引き締めてから虫歯処置との方向で治療方針決定。
治療については、なんてことなく安心なのだけど、今回ひとつ発見が・・・。
久々なので、レントゲン撮影もし、それを見ながら説明を受けたら、
「小さな親不知が1本」あるとの説明。
親不知については、ちょっとした事で腫れて痛んだりしていたので、
学生の頃からスタートして、数年かけて4本全て抜歯済み。
それなのに、まだ乳歯のような小さな親不知が1本。
抜歯した記憶が間違っていなければ、過剰歯でしょうとのことなので、
間違いなく過剰歯。
最近の子供は、顎が小さくなって歯の本数が少なくなっているなんて話も聞くのに、
私って原始的すぎ・・・。


*******************************************
ポチッと応援よろしくお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村ライフスタイルブログ シンプルライフへ  
にほんブログ村シンプルライフ
*******************************************




関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://marpledays.blog104.fc2.com/tb.php/1139-20099211
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。