--.--.-- (--)  --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.01.15 (土)  17:27  吹抜けの照明選びにはご注意!
いちおう程度ですが、プロ(のたまご?)としてよそ様のお宅の
照明器具選びのお手伝いをさせて頂いた経験もあるので、
現在の住まいの照明は全て自分で選びました。(家族の意見も確認)

プロ(?)だったのに、我が家の照明計画では失敗数箇所。
そのひとつが、リビングの天井用照明器具選びです。

我が家のリビングスペースは8帖(ダイニングスペース6帖とワンルーム)。
そのうち6帖分が吹抜けで、梁3本がむき出しの状態です。
そこで、梁にダクトレールを設置し、
ダクトレール用照明器具を取り付けているのですが・・・。

110115_01.jpg

ダクトレール2本に40W蛍光灯を各1本+残り1本のレールに100W型(80W)スポット3個。
スポットは補助的に使うとして、コレだけでリビングの照度は十分と思っていたけれど、
天井からの反射がない分かなり暗い印象。
反射が無いだけで、ココまで差が出るとは思わず・・・。
補助のスポットも活用すれば、明るくなるけれど、
240Wを使うのが勿体無くて、ほとんど使わず終い。
(最近、電球をLEDに交換したので、やっと安心して使えるようになりました)

夜のリビングで本を読むとか物書きをする事も無く、
10年以上この状態で使っているので、
問題無いと言えば無いのですが・・・。
でも、思っていたのと違った時点で失敗ですよね。

照明器具カタログには、器具の明るさに応じた部屋の広さが記載されているので、
簡単に選べますが、吹抜け等、反射の無い場所に設置する器具選びは要注意ですね。


***********************************************************************

ご訪問ありがとうございます。みなさんにご覧いただけると更新の励みになります。
1日ワンクリック応援お願いします!!

↓↓↓ コチラのボタンをポチッとしてくださいね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  にほんブログ村シンプルライフ

***********************************************************************

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://marpledays.blog104.fc2.com/tb.php/196-84a3b8b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。