--.--.-- (--)  --:--  スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、定期試験が終わり、部活も休みで珍しく時間のある息子と、
録画しておいた『フリーター、家を買う。』を見ました。

101023_04.jpg
写真は文章とは関係ありません。
土曜だけど登校した息子の予備スニーカー。
デカスギッ!!


次々とバイトを辞める二宮くん演じる息子誠治を見ながら、
「我慢足りなすぎ・・・」と呟く私に、
「あんなもんちゃう?」とお気楽野郎な返事の我が息子。
「お金を貰うというのは、嫌なことをするからその代償に貰えるんでしょ!
楽しいことをしたければ、お金は払わなきゃ!」と諭す私。

ドラマの事はすっかり忘れた頃、そんな息子が
「お母さん(浅野温子/うつ病に)がかわいそうやったなぁ」と呟く。
今時の子は、我慢を知らないダメダメな奴らだと思っていただけに、
「客観的に見ればそんな風に思ってくれるのね」とちょっと安心。

それでも、「だけど、お母さんなんてどこもあんな思いしてるよ。
(ご近所からの嫌がらせは滅多無いだろうけど)
(男尊女卑傾向のある)お父さんは、機嫌の悪い時にはあのくらいの暴言を吐くだろうし、
(反抗期の)息子はあんなもんだし。(ニートは稀だろうけど)」と、
あなたも似たようなものよという言葉を忍ばせつつ言ってみたら、
「お父さん(竹中直人)がひどすぎるよな!」と、あくまでも息子目線の息子。
自分自身を客観視してくれるチャンスかもと思ったけど標的は父親だったか・・・。
でもまあ「お母さんがかわいそう」と思える心があればそれで十分なわけだけど、
ちょっと欲張りすぎたかな。

勉強はろくにしないし(人の事は言えない)、身の回りの事もひどい状況、
いかにも反抗期な言葉も多々(確か私も・・・)だけど、学校(部活?)はとっても楽しそうだし、
こうして話もしてくれるし、十分いい子に育ってくれていると思うことにいたしましょうか。
そう思うことが一番の潤滑油だしね。


***********************************************************************

ご訪問ありがとうございます。みなさんにご覧いただけると更新の励みになります。
1日ワンクリック応援お願いします!!

↓↓↓ コチラのボタンをポチッとしてくださいね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  にほんブログ村シンプルライフ

***********************************************************************
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://marpledays.blog104.fc2.com/tb.php/90-6a8c7ef7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。